手軽な小顔整形|皮膚のたるみも目の下のくまを作る原因になる|美容整形で改善しよう
婦人

皮膚のたるみも目の下のくまを作る原因になる|美容整形で改善しよう

手軽な小顔整形

施術を受ける人

顔が大きく見える原因には脂肪量が大きく関連していますが、最も重要な要因は元からの骨格であることが多いです。小顔治療は美容整形外科でよく行われていますが、小顔整形というと大掛かりな手術を伴うイメージが強いです。しかし、実際にはエラボトックスという数十分で済む手軽な方法もあり、多くの人から支持されています。エラは顔の横幅に影響を与えている筋肉で、この部分の筋肉がつきやすいと顔が大きく見えてしまいます。エラボトックスはエラ部分の筋肉の発達を抑え、縮小させる成分を注入することで小顔効果を得られます。有効成分の注入によって筋肉の機能は低下しますが、日常生活には問題ない程度に収まり、手術時間も数十分で入院の必要もないため、手軽に受けられるという特徴もあります。

エラボトックスはいわゆる「プチ整形」に分類され、手軽に受けられる分治療の持続期間には限りがありますが、ある点に注意することで効果を持続させて治療による小顔効果を定着させることもできます。プチ整形の特徴として、本格的な手術を伴う整形に比べて料金が非常に安いという点が挙げられ、実際にエラボトックスは100万前後掛かることもある骨格を削る整形に比べ、10分の1以下で済むことが多いです。この料金はただ単に手軽だから安いというわけではなく、エラボトックスを定期的に受けやすくして効果を持続・定着させるという狙いがあります。プチ整形の一つであるエラボトックスの持続期間は半年から1年程度と言われているため、効果を維持するためにはこの期間を目安に再度治療を受けましょう。